ICU Hさん

ICU Hさん

先輩に恵まれています。

ICU Hさん

5年目

香里ヶ丘看護専門学校

急変時の対応ができる看護師になりたい

 

学生時代に「急変時の対応ができる人になりたい」「クリティカル領域での看取りの看護について考えたい」と思い、この大阪府三島救命救急センターに興味を持ちました。
そして、インターンシップの時に、患者さんや家族の話を傾聴し、それぞれの思いや考えを踏まえた看護を実施している姿を見て、私も大阪府三島救命救急センターで働きたいと思いました。
スタッフ同士の仲が良い雰囲気を感じたのも印象に残っています。

先輩の背中を見て進む
 

「こんな看護師になりたい」と思える知識・技術の豊富な先輩に恵まれています。そして、経験したいこと、勉強したいことを先輩がサポートしてくれます。
重症な患者さんが多く、時には自分が無力だと考えることもあります。でも、他の同僚や先輩と一緒に考えることで乗り越える日々を送っています。

ファミリーシステムで新人さんをフォロー

 
ファミリーシステムで、チームとして新人さんをフォローします。ファミリーの先輩が気軽に声を掛けてくれるので、一年目から相談相手に困りません。
また、ローテーション研修があり、他部署を経験できます。それにより、急性期・亜急性期・リハビリテーション期の看護ケアについても学ぶことができます。

患者さんの回復に喜びを感じる

 

言うまでもない事ですが、看護師として患者さんが回復に向かうのを目にすることがなにより嬉しいです。特に、ICUは急性期なので、回復過程が目に見えて実感できます。
そして、回復に向かうケアばかりでなく、終末期ケアを実施する場面も少なくありません。終末期ケアでは、少しでもご家族が患者さんの現状を受け入れられるように、患者さんのそばに寄り添える環境がつくれるようにと、心がけています。

先輩紹介カテゴリの最新記事