OP室 Mさん

OP室 Mさん

成長を実感できる環境が嬉しいです。

OP室 Mさん

5年目

大阪医療センター附属看護学校

緊急手術への対応力を磨く

 
私は現在、手術室・救急外来部門で働いています。救命救急センターであるため、大学病院のように毎日数件の定例手術がある訳ではありません。基本的には、入院患者の予定手術や、搬入患者の緊急手術を行いますが、手術が無い日には、シミュレーションを行い、いつでも緊急手術に対応出来るように、個々の知識や技術を維持し、さらに向上しています。 救急外来では24時間の搬入対応を始め、脳アンギオ・心臓カテーテル検査・治療、退院後の患者フォローなどに携わっています。また、緊急時に備えて、手術室や救急外来の点検、物品の管理も怠りません。ICUや病棟が忙しい時には応援に行き、看護の質の向上、看護業務の分担を行っています。

アットホームな職場

 
自部署内の仲の良さはもちろん、他部署とも良い関係だと思います。センターの規模が、大学病院などと比べて小さい分、病棟、ICU、OP、救外の看護師同士で、知らない人はいないですし、医師を始め、放射線科、検査科、薬剤科、清掃の方など他部署との関わりが多く、アットホームな雰囲気だと思います。 また、目標を持って当センターに入職する方が多く、皆で切磋琢磨し個々のスキルアップや、看護技術・知識の向上に努めています。

命を救うために一致団結

 
「All for patients:すべては患者のために」という考えに基づき、全職員が患者のことを考え、1人でも多くの命を救うために日々、奮闘しています。普段、とても穏やかで優しい雰囲気の先輩や先生が、緊急搬入や緊急手術時には、キリっと引き締まった顔で1人の患者に向き合います。スタッフ皆が、その1人の命を救うために一致団結し、全力を注いでいる姿は素敵です。また、自分もそうなれるようにと目標を持ち、日々努力出来る環境があるところに、とても魅力を感じます。

先輩紹介カテゴリの最新記事